公務員はピアスをつけてもいいの?実態を教えます!

ノウハウ

こんにちは、元地方公務員のおさかなまるです。


公務員というと堅いイメージがありますが、実際にはオシャレを楽しんでいる人も多いです。


特にピアスやイヤリングは、コーディネートのアクセントになって華やかさをプラスしてくれますよね。


しかし、公務員はピアスをつけても大丈夫なのでしょうか?


この記事では、実際にどのくらいの割合でピアスをつけているのか、どこまで許されるのか、市民からクレームが入ったことはあるのかなど、気になることを元公務員のわたしが実体験をもとにお伝えします。


少しでも参考になれば幸いです。

スポンサーリンク

そもそも公務員はピアスをつけてもいいの?

まず前提として、公務員はピアスをつけてもいいのでしょうか?


結論から言うと、規則で明確に禁止されていないので、つけることはできます。


しかし、実際には以下の理由でつけるのは難しい状況です。

  • 住民からのクレーム
  • 内部の服装ルール


まず、公務員は絶えず住民の目に晒されています。


公務員は、身だしなみに関しては一般的な社会人よりも厳しい基準を求められがちです。

おさかなまる
おさかなまる

特に近年は、ますます厳しくなってきている気がします。


実際、クレームで多いのも職員の服装など身だしなみに関することだったりします。


そのため、ピアスをつけて仕事をするのは難しくなっています。


また、組織内部の服装ルールで、ピアスが禁じられている場合もあります。


たとえば、「厳しすぎる」と話題にもなった愛媛県松山市では、

「マニキュアなどは透明または透明に近い色」
「髪を意図的に染めることは不可。白髪染めは地毛の色で」
「ネクタイ着用時のシャツは第1ボタンまで留める」
「ミニスカートは不可」
「装飾品は結婚指輪のみ」

などといった『勤務時間中の身だしなみモデル』という独自ルールがあるそうです。
(参考:「厳しすぎる」松山市役所の服装ルール 規定とハラスメントの境界線は?弁護士に聞いてみた


また、千葉県大網白里市の『接遇向上マニュアル』には、身だしなみチェック欄に「華美なアクセサリーを付けていないか。」という欄があります。


このように、組織によっては内部のルールにより、ピアスの着用ができないこともあります。

公務員のピアス事情は…

では、実際の現場での公務員のピアス事情はどうなっているのでしょうか?


まず男性の場合、ピアスをつけている人はほぼ皆無です。


わたしが約10年勤務してきたなかで、ピアスをつけた男性の公務員を見かけたのは一度だけ。


技術職で、あまり一般の住民とは関わらない仕事の人でした。

おさかなまる
おさかなまる

でも正直、あまりいい印象ではなかったと思います。


次に女性の場合ですが、ピアスをつけている人はぼちぼちいます。


と言っても、稀に見かける程度で多くはありません。
ちなみに、つけている人の年代は若手からベテランまで幅広いです。


女性の場合、男性よりもピアスが目立ちにくいのと、もともとつける人が多いというのが理由なのかもしれません。


とはいえ、最近では服装のルールもだんだん厳しくなってきていますし、不用意なクレームを避けるため着用する人はほとんど見かけなくなったのが実情です。


なお、どうしてもアクセサリーを身に着けたい場合は、指輪やネックレスなどのほうが無難です。


ただし、不用意なクレームや周囲からの注意を受けないために、シンプルなデザインで落ち着いた雰囲気のもののほうがよいでしょう。

まとめ

今回は、公務員はピアスをつけてもOKなのか、ルールと実態をお伝えしました。


近年はルールの厳格化などもあり、ピアスを付ける人は減ってきています。


公務員という堅い職業ではあっても、せっかくなら可能な範囲でオシャレしたいところ。


ピアス以外のアクセサリーで気分を上げて、楽しくお仕事できるといいですね。


最後までお読みいただき、ありがとうございました。

この記事を書いた人
おさかなまる

More

元地方公務員。適応障害、うつ病による休職・復職を経て、約10年間勤めた職場を退職。現在はフリーランスとして活動。
ブログでは公務員時代の体験を基に、公務員の資格取得やキャリアアップ、副業に関する情報を発信してます。
保有資格は宅建。

おさかなまるをフォローしてね!
ノウハウ
シェアしてね!
おさかなまるをフォローしてね!
公務員脱出計画!

コメント

タイトルとURLをコピーしました